livedesuのブログ

りべといいます。ぷよぷよやテトリスを主なタイトルとするゲーマーです。

[日常]インターネット老人会の方々でブログが再燃している話

 

こんにちは。

 

 

題目がこんなんなのに早速でアレなんですが、日記的なだらだら~っとした文章、苦手なんですよね。

基本、コンセプトをバシーッと決めて、伝えるテーマや内容をドカーッと据えて、

思いついたフレーズをバラバラ書いてるうちに「うわぁ構成まとまんねぇややっぱボツでw」

みたいなことばっかりやってるので、本来は雑記の方が得意そうなものなんですが。

といってもこれでは雑記というより落書きでしかない。

 

 

 

思ったことを短文でパラパラ書いてしまう癖はあれでしょうね、諸悪の根源Twitterの影響が強いのでしょう。

そもそもネタを平時から小出しにしている時点で、ブログで書けるような日常は絞り切った雑巾みたいなものになってしまうワケで。

 

 

 

いやね、ある程度はしょうがないと思うんですよ。

例えば今日みたいに『風呂を沸かしながら6時間寝てしまって光熱費1000円くらい損した話』とか、

その場で「フフッw」とはなるけどそれ以上掘り下げる話ではないじゃないですか。Twitterでいいじゃないですか。

 

それで『次住む家は給湯器が勝手にお湯を止めてくれるといいな!』とかブログでモリモリ展開したとしても、

僕としては受け手側の「ああ……そうなの……」みたいな感情が想像できてしまうので、

最初からつらつらと書く気力が起きないんですよね。

元から潤いに欠けた生活を送っているのも根本的な因子の一つですけれどねえ。

 

 

 

自分の人生disをしていても仕方がないので、TLの状況報告でもしましょう。

なんだか最近僕と近い世代の間で、押しつけがましくない主張の場としてブログが再燃しているみたいなんですよ。

 

(はてなブログアプリだとツイートの埋め込みができなくてキレてる)

 

なるほど。Twitterで交流して、ブログで自らの近況を掘り下げると。

カスタマイズ可能な擬似的mixi。virtual private social
networking service!VPSNS!!

 

 

ネット上におけるコミュニケーションから少し離れ始めたくらいにはちょうどいい距離感なのでしょう。

SNS疲れみたいなものに少し近い感覚なのかも。

覇王の慧眼も今眼精疲労に陥ってますし。しょぼしょぼするんですよね。目が。

 

 

 

そもそも、ブログの記事ってのは2種に大別されます。

“他者主体”であるメディアコンテンツとしての記事と、

“自己主体”である雑記、自己満足としての記事。

 

 

僕とかは文頭でも挙げた通り目的無く長文が書けない人間なので、本当に自己満足の日記が無理なんですよ。

だからどうしても今連載している『覇王の慧眼』みたいなメディアコンテンツっぽい記事に寄っていってしまう。

 

 

代々この界隈、プレイヤーやらストリーマーやらは比較的いるんですけれど、

メディアコンテンツ発信者が少ないんですよね。

楽しむ人はいるんですが、楽しみ方を伝えようとする人が少ない。

頑張っている人がたくさんいるけれど、自分のことで精一杯で超上位層と周辺しか見えていない。

なんて言うんでしょう、そういう隙間の部分を埋められればなあという意味合いで始めた部分が結構大きくて。

……っていう話は年始の挨拶で少ししたのでやや蛇足ですね。

 

 

とにかく、ブログに関して思っているのはですね、

この他者主体と自己主体の要素、両方兼ね備えていないと間違いなく短期で飽きます。

他者主体で書いてると「ああもう疲れたわなんでこんなことしてるんだろう」ってなって、

自己主体で書いてると「別にこれ書かなくても自分で整理ついてればよくない?」ってなるせいです。

 

 

 

いや、『覇王の慧眼』に飽きたとかそういうわけじゃないですよ!!

第七回の原稿はもうできてるんですが、動画漁りと切り抜きがきつい…ああもう疲れたわなんでこんなことしてるんだろう…

じゃなくてですね……

 

 

なんだかんだで『覇王の慧眼』は掲載当日で1000PVくらいは行くので、本人が思ってるよりかはコンテンツと認知されてる感じはありますね。

GameAIかどっかにでも掲載打診されて小遣い稼ぎくらいにはならねえかな~~って思いますよホント。

そしたら他者主体の情報提供に、自己主体の金稼ぎが加わって、誰もがハッピーじゃないですか。

うーん人生って上手くいかねえなあ?

 

 

 

まあみなさん、ご自愛とご他愛の上、各々程良くブログとお付き合いください。

良いブログライフを。

 

 

[ぷよぷよプレイヤー徹底解析!【覇王の慧眼】第六回] 生え抜きで叩き上げのベテラン中堅!質実剛健のぷよ reoru

 

はいどうもこんばんは。

 

 

雪がすげぇ!

関東一帯大寒波で電車止まったり色々と大変ですが、この記事は止まらねぇからよ……

だからよ…お前らも(読むのを)止めるんじゃねぇぞ…

 

 

 

えー、A1,A2リーグ共にラストスパートの対戦に入りつつあり、リーグ内優勝者が徐々に見えつつあります。

下馬評通りでしょうか?そうでもないでしょうか?いずれにしても、私がスポットを当てる部分は勝ち負けに大した影響はされないんですけどね。

マイペースに解析していきたいと思います。

 

 

 

-------------------------------------------------

 

 

さて本日の主賓であるreoruさん。

年齢的に中堅の差し掛かりである彼ですが、界隈に現れ始めた頃はなんと驚きの14歳。

私がちょうど上京し、ACに殴り込みをかけ、若手四強と鎬を削っていた頃と全く同時期です。

対人ぷよ歴で言うと十分ベテランの域に達しています。

 

 

続きを読む

[ぷよコラム]新・数の理論~虚分離論

 

 

なんだか最近調子が良くない。主に自陣の選択肢が狭い。

明らかに自らの手順が悪くなっているのだが、何が理由なのかが思い出せない。

 

 

2017初頭頃…手筋が良かった時期の記憶を辿る。俺はなんと呼ばれていた?

ぴぽにあに大勝ちしてしていた時…確か「あのエル字ゴリラほんまきらい」とか言われていたはずだ。

 

 

あったわ。

俺ってそんなにL字ばっかり使っていたか?完全に感覚でやっていたので自覚がない。

 

 

 

 

埒が明かないので、超上級者クラスのプレイを見て(上手い)と思うシーンを探してみることにした。

何故かと言うと、人のプレイを見て上手いと感じる部分は自身で再現が困難と感じている部分であり、自身の理外の部分である可能性が高いからだ。

ほどなくして、そのシーンは訪れた。

 

続きを読む

[ぷよぷよプレイヤー徹底解析!【覇王の慧眼】第五回] おいうリーグダイジェストvol.3 しゃわこ vs ざいろ

こんばんは。

 

いやー続々と試合結果が出ていますね。

おいうリーグA級ももうすぐ半分に差し掛かろうというところまで来ています。

なにやらビッグネームも多々参戦している中、意外な結果となったカードもちらほら。

 

今日はそんなジャイアントキリングな結果の中から、リクエストもあったこの一戦をチョイスしました。

A2級Cグループ「しゃわこ vs ざいろ」。

 

 

更新が遅いって?

すみません……

レート戦やってたら何も手につかなくて……

一回3103までは行ったんですよ……もうあんな賽の河原ゲームやらない……

 

 

続きを読む

[ぷよぷよプレイヤー徹底解析!【覇王の慧眼】第四回] 独自の世界観を持つ戦略研究家!ヨダソウマ

 

こんばんは。

件のまはーらショックの後、心がひしゃげていましたが、即日まはーらさんと初めてぷよぷよしてみたら

「あれ?なんか俺思ったより戦えるんじゃね?強くね?」と思ったはいいものの、

後打ち107000が先打ち113000に負けたり、後打ち15連鎖がセカンドで帰ってきたりして

気付くと公式誰でもクラブのスコアが8→0になっていたりべです。

 

 

まあでも、超強者と戦うとなんだか気が引き締まるのか影響を受けるのかわかりませんが、

試合内容は比較的良かった気がするので無事復調できてまはーらさまさまと言ったところでしょうか。

 

 

 

 

さて、今日のクローズアップはそのまはーらさんに続きA1昇格を決めたヨダソウマさん。

fronさん、TSさんと共に97世代の一翼を担う若手エース格。

eSportsMAXの出演やPS4ぷよテトA級の出場など、若手の中でもかなり実績を上げているタイプのプレイヤーです。

 

 

私が彼と初めて会ったのはAC通絡みで、まだ彼が高校生だった頃のはずなのですが、凄まじい意欲とストイックさはその頃から有り余るほど健在で、

(こいつは伸びるだろうなー)と思って見てたら本当に一瞬で上級層まで食い込むようになっていました。成長って凄まじいですよね。

 

 

続きを読む

2018年新年ご挨拶

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

年の瀬、年明けというのは柄にもなく本音の話をしたくなるといいますか、

いつもは言っていないような他人への感謝の気持ちだったり、

小はずかしいような自分の思惑だったりを形にしたくなるようなものだと思います。

 

 

 

 

ALFさんが界隈から姿をくらましてからしばらく経ちました。

 

 

 

彼自身の申し分ない実力と、長幼の功。

良いことを素直に良いと認める姿勢。

そういった支柱の部分は、ぷよぷよの普及活動や、プレイヤーの評価には欠かせない存在でした。

 

 

 

かく言う私も、かつて彼に実力を大きく評価してもらい、

取り立てて目をかけてもらったことをとても嬉しく感じた覚えがあります。

 

 

 

 

ごく最近になって私自身が二冠を持ち、必要以上に嘯いているのも、

昨年末に始めた【覇王の慧眼】も、

 

まだまだ数多くいる素晴らしいプレイヤー達が、正当に評価を受けるような土壌を作りたい、という気持ちが多分に盛り込まれているのかも知れません。

 

 

 

『説得力あるプレイヤー』が、

『公平な視点で評価をする仕組み』。

そういった一助になれればと思っています。

 

 

 

稚拙で愚昧な文ながらも、いつも御付き合いいただきありがとうございます。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

[ぷよぷよプレイヤー徹底解析!【覇王の慧眼】第三回] 緊急特集!“『無』のぷよ”まはーら

 

いや本当に。つらい。

本来は主菜ですのでもっと後に回して少しづつ解析しようかな~とか思っていたんですが。

 

 

昨日のぴぽにあVSまはーらが、今までのこの界隈の常識を全てぶち壊してしまった。

作ってた記事をフッ飛ばしてでも、とりあえず彼の何が強いのかということだけざっくり説明する必要があると感じました。

この記事を見ている方ならご理解いただけることと思いますが、まはーらさん、ぷよぷよクロニクルにおいて現状ほぼ最強のプレイヤーと言って差し支えないでしょう。

 

 

私は元々「勝負は下駄をはくまでわからない」論者だったのですが、これは断言してもいいと思います。

少なくともどう考えても私では、まはーらさんに何年かけても勝てる気がしない。

プレイから垣間見える人間性能の片鱗が段違いすぎて、勝てるビジョンがまるで見当たらない。

 

 

見ているだけで完っ全に心をへし折られました。

私たちは間違いなく時代の変遷に立ち会っている。

 

具体的にどこが凄いの?と疑問に思っている方も多いことでしょう。

私もどこまで理解できているのか怪しいですが、かいつまんでまはーらさんの凄さをご紹介したいと思います。

 

 

続きを読む