読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

livedesuのブログ

りべといいます。ぷよぷよやテトリスを主なタイトルとするゲーマーです。

ぷよぷよクロニクルA級リーグと『公私』の話


出場します。

主催のぴぽにあくんとPVを作成していただいたみとさんには頭が下がる思いです。

本当にありがとうございます。



かつて『公』の大会とは、物事に本気で取り組んでいる人達にとっての憧れのステージでした。

コンパイル時代のマスターズ然り、ACのS級リーグ然り、Redbull5G然り。

それが憧れたり得たのは、本気な人達が集って『公』の場を作っていたからです。


2017年、ぷよぷよに『公』の属性を持った大会の開催予定は、今のところありません。



特に前々年度で立ち消えてしまったACのS級リーグは、未だに開催を望む声が見受けられます。

本気と本気のぶつかり合い。ハイレベルな応酬。

年に一度の特別感。プレイヤー自身への期待。

そういうものは、きっとスポーツ中継を見ているのと似たようなもので、眺めるだけでも心地いいのでしょう。



前年度、列強争覇戦というイベントがありました。

もともと、店舗対抗戦とかいうそのまんまの名前だったのですが

大会が『公』の属性を少しでも持ってほしいと思って、僕が少しカッコつけて命名しました。

その後も、堅苦しく、時にはうざったく感じるくらいに”権威ある”大会の雰囲気作りをしようと試みていました。


結果としては、イベント自体は成功と言える部類だったと思いますが、『公』の権威付けはできませんでした。

運営も、参加者も、大元のコンセプトの認識が『私』だったためです。

この状況では、勝手に場にそぐわない行動をしていただけで、周囲に迷惑をかけていたのは完全に僕の方でした。

以降、僕はイベントや大会の『公私』の比重をより強く意識することとなります。


『私』でやっているイベントでは、”本気でやる”なんて意識を統一できるわけでもなく、人への強制力もありません。

今界隈に足りない『公』を補いたい僕としては、いい加減な取り組み方をしている人を見るたびに眉をひそめるのですが、

『私』的なイベントは、窓口が緩くて参加しやすかったり、無理に気を張ることもないでしょうし、良い側面も多く含んでいます。

そもそもこうやってごちゃごちゃ言ってる僕でさえも、遅刻なりなんなりのやらかしを何度もしてきて、

その度に平謝りして、周囲の方達の『私』によるお許しを受けています。(本当にごめんなさい)



今回のぷよぷよクロニクルA級リーグについても、きっと同じことだと思うんです。

ぴぽにあくんがずっとA級の門番をしていた姿だったり、みとさんが見返りもなくPVを製作してくれたりっていうところは、

”新たに『公』の場ができてほしい”というような思い入れがあるように感じました。

二人とも、本気で取り組んでいるように僕の目には映りましたから。


でも、ぴぽにあくんが個人単位での頑張り、『私』で培ってきたイベントには変わりない。

だからきっと立場的に、周りに何か思うところがあったとしても、あまり強い物言いもできないと思うんです。

もし彼のやっていることに賛同したり、感謝したりしている部分があるのならば、

大会を円滑に進めるためにも、率先して慮ってあげてください。

僕ももちろん、そのつもりでいます。



偶然にも、数少ない『公』のタイトルを頂戴している僕としては、

本来の『公』で在るべき大会(公式大会)の類が今後あるのかどうか、たまに細山田Pに伺ったりすることもあります。

今のところ、色よい返事はいただけておりません。


実際のところ、保証もなしに開催しますとは言えないでしょうし、

保証があったとしてもしばらくは秘密にしておくでしょうし、

僕にそれを話したとしたら僕が秘密にするでしょうし、

ここに書くにはあんまり意味のない質問ではあるのですが。



それでも、少なくとも僕は今後の『公』の場を作るためのことなら、なんでも協力したい気持ちでいます。

憧れのステージのない世界では、きっと上を目指す人も少なくなってしまうだろうから。


僕が憧れたり得る人物像かどうかは甚だ疑問の余地が残るけれど、

その姿勢を見せ続けることで、『公』な人が増えてくれることに意味があると信じています。

もうしばらく、頑張らせてください。

よろしくお願いします。

ぷよぷよと『念能力』

冨樫義博の「HUNTER×HUNTER」という作品を読んだことがあるだろうか。

 

作中における「ハンター」と呼ばれる資格を持つ者達が、
『念能力』と呼ばれる特殊な力を駆使して戦う、そんな感じの作品だ。

 

『念能力』とは、人間だれしもが持っているオーラとよばれる生命エネルギーを、自在に操る能力のことである。

彼らが持つ能力は様々だ。

そして彼らが『念能力』に目覚める共通したきっかけは、強いイメージ過酷な鍛錬

 

心当たりはないだろうか。

ぷよぷよの上位プレイヤーも、この二要素を満たしているということに。

 

あまりにも非現実的な話だとは思うが心して聞いてほしい。

物語の中の彼らと同様に、
ぷよぷよを愛する者達、
ぷよぷよに生きている者達もまた、
『念能力』に目覚めているのだ。

 

続きを読む

ぷよぷよクロニクルは何故”引けない”のか?

 

ぷよぷよについてのお話。

 

昨今において、ぷよぷよシリーズは数多くの機種とタイトルで発売されています。
中でもぷよぷよの上級プレイヤー達が、世間に幅広く認知させてきたルールが『ぷよぷよ通』です。

 

このぷよぷよ通というルール、微細とはいえ機種やタイトルによってゲームバランスに差があります。
上級者同士にとっては「当たり前」の話であり、新作に難癖がつけられやすかった原因の一つでもあります。

 

今回は表題のテーマのために、機種による特徴、及び取るべき戦略の差について言及していこうと思います。
人によって大きく意見が食い違ったりするため、あくまでご参考程度にお願いいたします。

 

以下は、私がやりこんだと思える機種の中でゲームバランスの良いタイトル3つになります。

AC ぷよぷよ通(≒MD,VCA)
PS4 ぷよぷよテトリス
3DS ぷよぷよクロニクル

 

この3タイトルをどう比較するかなのですが、
正直なところ、ツモ速度や連鎖速度のような各要素を数値化するといった、
いわゆる定量的な評価というのはあまり意味を成しません。

 

何故かというと、これらの各要素は互いに密接に食い込んでおり、
分離させて考えたところで採るべき戦略がまるで見えてこないからです。
ABCや★の数で評価するのは見てる側も楽しそうなのですが…こればっかりは仕方ない話です。

ですので、まずは各3機種の特徴を簡単に整理し、
その後それぞれの機種間にどのような差異があるかを探っていきたいと思います。

 

AC ぷよぷよ
全てのぷよぷよ通ルールの生みの親。
コンパイルが製作したシリーズ第2作目にして最高の完成度を誇る作品。
20年以上もの間愛され続けることとなる伝説のタイトル。

プレイヤーに選ばれた作品であるが故にそのゲームバランスも圧倒的であり、致命的な穴がない。
後々の比較対象となる作品なので当然と言えば当然なのだが。

特記事項は実用~曲芸レベルの設置キャンセルの存在。
ツモの回転速度をどの高度においても瞬発的に上げることが可能であり、
操作の練度によって大きく実力に差がつくこととなる。

戦術の黎明期であったことと、この操作練度に依存する「間に合わせ」があったおかげで、
momokenを中心とした世代により「後打ち至上主義」が根強く確立されていくこととなる。

 

PS4 ぷよぷよテトリス
SEGAの乾坤一擲の隠し玉。
国民的パズルゲームであるテトリスぷよぷよを融合させた正統派パズルの王。
今回はぷよぷよ同士の対戦についてのみ着目する。

テトリスとのバランスを考慮した上で、基礎のゲームスピードが底上げされている。
プレイヤー自身にも、”ACからの正統進化”を促すかのように高い人間性能を要求する作品。

特記事項はツモ速度上昇による中盤戦の激化。
「後打ち至上主義」に染まっていたプレイヤーは、6~8連の対応まで要求されることとなる。
見ごたえのある殴り合いの展開が頻発する機種となった。

そんな中、Tomの卓越した形勢判断力に基づく先打ち確定デッドラインの模索と、
liveによるアグロ、ミッドレンジ、コントロールといった戦略体系の定義が進むこととなる。

 

3DS ぷよぷよクロニクル
SEGAの単独タイトルシリーズ最新作にして、ネット対戦環境の集大成。
銘打ったRPGのほのぼのさとは裏腹に、正常に機能するレーティングシステムによって管理される実力差。
ゲームバランスについても非の打ちようがない完成度を誇る。

ぷよぷよに特化した作品であるが故に、ぷよテトからさらに独自のバランス調整を遂げた。
瞬発力で闘うゲームをややマイルドにし、一手ごとの重みを増やした形になる作品。

特記事項はお邪魔の降りはじめの速さ。
正確には前作からなのだが、相対的な環境変化でより精密な凝視、柔軟な択の保持形を求められることになる。
それも影響し、対戦の見た目の派手さについては、他の2機種に一歩譲る形となっている。

ちぎりロスの相対的増加という向かい風を追い風にしたのがひじき。
”ちぎってでも良型を目指す”という今までの風潮に一石を投じることとなった。

 

このように各機種にはそれぞれ特色があります。
それに加え、戦術戦略の変遷の歴史が機種へのイメージをさらに強くしていきます。

 

 

今回のテーマを振り返ってみましょう。
ぷよぷよクロニクルは何故”引けない”のか?」

 

単独タイトルでのシリーズ最新作であり、ぷよぷよ通の対戦という部分では別の機種から主戦場を移してきた方が大半です。
では、それぞれ別機種から移ってきた場合、ぷよぷよクロニクルに対しどのような印象を受けるのでしょうか。

 

ACぷよぷよ通→3DSぷよぷよクロニクル
「バランスはいいけど、キャンセルがないから緊急時に発火色が引けない!クソゲー!」

PS4ぷよぷよテトリス3DSぷよぷよクロニクル
「全体的に前よりツモの速度が遅いから発火色が引けない!クソゲー!」

(備考)Winクラシック、その他DSタイトル→3DSぷよぷよクロニクル
「それなりにツモれるけど、ツモ補正がないから偏って発火色が引けない!クソゲー!」

 

今までの機種に対する相対的なバランス調整の影響でどこからプレイしても”引けない”ゲームになってしまっています。
これが得も言われぬ理不尽の正体なわけです。

 

マイナスイメージがある、という事実を頭の片隅に入れておくだけでも、多少はストレス緩和になるかもしれません。
そもそもぷよぷよ通というゲーム自体、運要素に左右されるものであることと、
自らもその恩恵を受けることも多々あるというのは忘れたくないですね。

 

運要素があるからこそ、このゲームは最後まで楽しい。

 

 

苛立ちで周囲に八つ当たりして後に”引けない”状態になるよりも、
そこで一歩、身を”引ける”プレイヤーになると、より素敵ですね。

 

お後がよろしいようで。
以上、本日の落語でした。

発信する、ということ

「雄弁は銀、沈黙は金」という故事成語があります。

 

イギリスかどっかのお偉いさんが唱えた言葉らしいんですが、
正直由来なんかはどーでもいい話で、問題は中身ですよ。

字面だけ見てもらっても分かるとは思うのですが、
「しゃべれるのは大事やけど、黙れるのはもっと大事やで」って意味です。

 

こんにちは、liveことりべこと堀部孝昌です。
装い新たに、こちらでまた色々なことを書かせていただこうかと思っております。

 

初めましての方用にですが、ぷよぷよテトリスをやっているパズルゲーマーです。

公式大会で優勝したり、PVに出たりしています。詳しくはググってね。

 

つい先日、Tomやselvaと飲む機会があったのですが、
二人で口を揃えて「おめーのブログは何が言いたいんだかわかりにくいんだよボケ」
と言われたので、泣きながら一人で帰ってきました。
飲み会代の3000円はまだ払っていません。

 

いや待ってほしいんですよ。
元々前ブログの『惰性成すまま』は最初から僕のただのメモ帳みたいなもんですもん。
当時認知度も大したことないクソガキが作ったブログをおっさんになってサルベージしてきただけなんすよ?
6年越しに復活させた当初も「見る人だけ見りゃいーか」ってスタンスで書いてましたからね。

 

ただ、最近になってようやく
・自分の知見を参考にする人が少なからずいること
・自分が何かしらを発信しようとしたとき、Twitterでは冗長になってしまう場面があること
・界隈内に安定して情報発信を行う上級者ポジションの人間が少ないこと
という事情に気付き始めました。

そんなら黒歴史ノートはさっさと処分して
新しい発信用コンテンツを立ち上げちゃえ、ってなるのは当然ですよね。

 

要するに今回はみんなに見てもらう用のブログです。
よろしくおねがいします。

 

 

そう、だからこそ記念すべき第1回のテーマは”発信”。

 

 

ここ最近では、ホームランボールキャッチャーの少年の例を見ても分かるように、
この国やネット社会において、出る杭を叩く文化というのは非常に根強いです。

 

発信する、人前に出るという行為は、自らその槍玉にあがる行為とも言えます。
僕が第2回日韓戦で初めて顔出し進行していた頃なんかは、
「liveの顔が生理的に受け付けない」なんて書かれてるのを見ながらやってましたからね。いじめか?

 

まさしく、冒頭の「雄弁は銀」という言葉通りです。

 

その点、今のぷよぷよ上級者達や、前に立つ人たちは非常に賢いです。
SNSやなんかでも、不必要な情報は本当に極力表に出さない。
公人としての立ち回り方ができる人が増えたと思います。

 

まさしく、「沈黙は金」というわけですね。

 

僕のことをご存じな方はわかると思いますが、かなりのTwitter廃人です。
わりかし余計なことも多く言ってしまう方で、典型的な「雄弁は銀」タイプだと思います。

 

ただ、以前僕は例えるなら「銅以下」だった時期が存在します。
自分に自信が持てなくて、意見を何も出すことができなかった時期です。
そういった僕に自信を与えてくれたものは、他でもない”ぷよぷよの実力”でした。

それを拠り所にして、実況解説をしたり、配信をしたり、歌ってみたり、顔出しをしたり
「銀」を目指すために様々なことに挑戦して変な目で見られることになります。

結果何年にも渡って敵も増やしましたが、賛同してくれる人達にも多く巡り合いました。
自分を見つめ直すきっかけにも数多く恵まれました。
自分が自分のためにと思ってやったことなので、全く後悔はしていません。

 

 

もし自分に未熟な自覚があったり、自信が持てない部分があるのなら
どんどん動いて前に出て、言葉を出して、まず「銀」を目指すべきでしょう。
おそらく、人と衝突したり、敵が増えたりすることもあると思います。

その上でどうやって人と折り合いをつけるのか、
何が問題で次はどうすれば上手くいくのかという試行錯誤を重ねることは、
今後、間違いなくあなたのためになります。

だから、僕は何かにトライしようとしている人間がすごく好きです。
トライして自分を振り返ることのできる人間は、もっと好きです。

 

 

そろそろ円熟してきた年頃ですし、「金」もいい加減目指したいな~と思っちゃいるのですが、
どうにも、周りの「金」があまりにも喋り出さないようなので、
まさか金メッキの銅像かなんかじゃないですよね?ってちょっと疑ったりもして。

 

でも最近だと、あれはすごく面白かったですよね。
Twitterでの、Kuroroさんのぷよぷよの歴史語り

ああいう風に、物事に真剣に取り組んできた人の思いのこもった発信って、
大体めちゃくちゃ面白いんですよね。
僕は、「金」の人達がもっとそういう発信をしてくれたらいいな、と密かに思ってます。

 

そういうわけで、まだしばらくは「銀」らしく発信し続ける羽目になりそうです。
お付き合いの程、今後ともどうぞよろしくお願いします。