livedesuのブログ

りべといいます。ぷよぷよやテトリスを主なタイトルとするゲーマーです。

第一回【読みの一手】解答・解説

こんにちはこんばんは。りべです。

今日は新しい試みを一つ、Twitterで投げかけてみました。

 

 

 momoken流「次の一手」Tomの「俺の一手」のパクリ…

なようでちょっとだけ趣旨は違います。

 

なんだか出題形式に見覚えがないでしょうか。

 

そう、アレです。現代文のテストでもこの形式だと理科社会の方が近いか

作者の気持ちや登場人物の気持ちを紐解く情緒あふるる教科です。

そいつになぞらえて、今回は『相手が何をしたいか、相手から何を読めるか』を主眼に置いた【読みの一手】を出題させていただきました。

ぷよぷよテトリスSのPVでもぷよぷよは…実は心理戦なんですよ」って言ってた私が監修するので内容も間違いないはずです。

 

 

 

さて、前置きはいいので解答解説いきましょう。

本問は選択肢ごとの加点方式です。

 

えー早速ですが、出題に不備がありましたので全員に部分点を差し上げたいと思います……

この問題は試合開始6手目、自陣もほぼ同様に土台を構築しているものとします。(+5点

自陣の前提条件が違うと読みもへったくれもないですからね。 出題してる時点で読み取っていただけたとは思いますが。Twitterの文字数も足りなかったんです!

 

それでは、それぞれの選択肢の配点と解説です。

 

ア.相手は、全消しを狙っている。

配点:40点(△)

 

悪くない読みです。恐らくこれを選択した方は、4色目がまだ見えておらず、かつ今のツモをまだ浮かせてあるという部分に特に着目したのでしょう。

ネクネクが赤青であることを確認できた場合、下図の全消しが狙えます。

f:id:livedesu:20170509203354p:plain

ただし、このケースですと今のツモを一度寝かせてある理由が特に説明できません。 直落下しながら小確認で十分、という話になってしまいます。

イ.の速攻狙いとの複合で寝かせた、という見方もできますが、その場合は少し全消しからは遠ざかってしまいます。

 

 

イ.相手は、速攻を狙っている。

配点:50点(◎)

そのまま直落下し、次以降のツモが黄や赤に偏った場合、形次第では相手が積極的に仕掛けてくる展開となります。

下図を構えて威嚇してくる気でしょう。後折等でこちらの展開が遅いと危険です。

f:id:livedesu:20170509204734p:plain

キーとなるのは、この形の第一人者(後述します)が、唯一の利点と呼ぶほどの発火の二面性です。

この次に黄ゾロが来た場合、次の手が青青、青赤、青黄どれでも2トリ全消しが取れます。優勝です。

左折の本線に変化させることも容易ですし、暫く序盤は2ダブをキープできます。形の優位性を知っている相手なら、まずこれを狙ってくるとみてよいでしょう。

 

 

ウ.相手は、先折を狙っている。

配点:45点(○)

どちらかというと、消去法の読みです。このまま直落下した場合、ネクストである赤黄がダイレクトに嬉しい場所となると、23の横置き以外では2縦くらいでしょう。

そうなると、下図のように早めに高さを蓄えつつ、可変性の高い第一折をキープできる状況となります。

f:id:livedesu:20170509205901p:plain

土台の構築手順ともマッチしており、無難な回答です。相手は人生も堅実な方だと思います。公務員に向いています。

 ただし先折だとしても、赤黄の2連続ツモは素直に連鎖尾に入れる選択肢もあるため、その差別化に理由がつけられません。そのため若干点数は落ちます。

 

 

エ.相手は、右折を狙っている。

配点:35点(△)

直落下して右折を狙う場合、連鎖尾を確定させただぁ積み、離れた黄2つを繋ぐ鍵、後折GTRなど選択肢は多彩ですが、次の赤黄があまりうれしいツモになりません。

見える範囲内で嬉しいのは、下図のような、ネクネクの赤ゾロ受けくらいでしょうか。

f:id:livedesu:20170509212509p:plain

しかしこの土台も、4列目に青を余らせた場合暴発におびえることになります。

だぁ積み土台ならば暴発はしにくいですが、今度は連鎖尾が完結し過ぎていて入れにくいです。どちらにせよ今一つのルートになりがち。

上級者はあまり狙ってこないでしょう。

 

 

オ.相手は、fronである。

配点:25点(×)

これだけ誤答が多いと問題作成者冥利に尽きます。

ネタで入れた人もそれなりにいそうですが。

f:id:livedesu:20170509213111p:plain

上図は、fronさんがよく組む土台で、巷ではfron積みと呼ばれている土台です。

ただしこれは単なる記号に過ぎず、プレイヤーと直接符合させてしまうのは一番やってはいけないことです。

fron積みをしていてfronじゃないこともありますし、

弥生を組んでいてTomじゃないこともありますし、

怪しい手順で組んでいてpopoじゃないこともあります。

それはもうただの思い込みです。

 

そもそも対戦相手のプレイヤー名は対戦する前に確認してください。

読みとか以前の問題です。

 

 

 

というわけで、5+50+45で100点満点。

模範解答は、イ、ウとなります。

 

最高点は100点。

リプライをいただいた中ではブランさんとあいりさん、Reinさんとノッチさん(鍵垢)の4名です。

おめでとうございます。

あいりさんはしっかり理由の裏付けもとれていて流石です。 

 

 

なお、出題に際しお名前と土台をお借りしましたfronさん。

ありがとうございました。

違います。

75点ですが、芸人ボーナスと出典感謝で10点プラスして85点差し上げましょう。

 

 

また、fronさんに詳しい方からもご回答いただきました。

たくさんご考察いただいて申し訳ないのですがこれはfronさんではありません

70点。

 

 

最低点は55点。

フィネスさんは再試です。

後の皆さんはお疲れ様でした。起立!礼!さようなら!