livedesuのブログ

りべといいます。ぷよぷよやテトリスを主なタイトルとするゲーマーです。

通リーグレート3018達成!live式ミッドレンジ新GTRの紹介

ぷよぷよ最強プレイヤー決定戦優勝者、live選手の使用するデッキです。

live選手はこのデッキでぷよぷよクロニクル通リーグレート3018を達成しています。

 

 

フォロワー

 

スペル

  • 全消し*2
  • ヘルファイア*3
  • 割り込み*2
  • 小カウンター*1
  • 被せ本線*2
  • 多重合体*2
  • 飽和本線*2
  • 鎖錠の楼閣*2
  • 鎖錠の領域*3

 

 

 

◆序盤の安定度を高める

土台フォロワーを多く採用し、マリガンでの事故率を極力減らしています。

新GTR、贅沢GTR、弥生時代はもちろん、パーツとして優秀なGTRやかまいたちも序盤から出していって構いません。

また、フェイスやアグロ対策に全消しスペルを2枚積んであります。

新GTRを3積みしている理由は、土台として及第点のスタッツと戦闘展開の簡易化の天秤取りです。

できる限り先手を取り終盤前に仕留めることを目的としているので、自陣が複雑化することはデッキコンセプトにそぐわなくなります。

 

 

◆中盤の入りはまず威嚇する

土台の上にDT砲、鼠返しなどをマナカーブ通り置けた場合、3積みしているスペルのヘルファイアが活きてきます。

フェイス以外の相手に対して最速の警戒を強いることとなるので、相手もフォロワーの展開のさせ方を考えてくるでしょう。

リーサルへの道筋が見えるのであればここで仕掛けてしまっても構いませんが、

ここで組換スペル『鎖錠の領域』でフォロワーを変化させ、一気に盤面を取ってしまうという強烈な狙い筋があります。

相手に強制的に2択を迫り、適切な対処で有利を広げましょう。

 

 

◆中盤の終わり際から畳み掛ける

余った土台フォロワーや変形鍵を組み合わせながら、多重合体などのスペルで盤面を強化していき十分なリソースを確保したら攻めに転じます。

ヘルファイア→割り込みやヘルファイア→被せ本線などは、ミッドレンジの王道勝ちパターンです。

大きく崩してなお足りないケースの場合、ディスカードスペル『鎖錠の楼閣』で顔面を直接殴り返してリーサルを取りましょう。

先にも述べた通りこのデッキは、自陣の展開を極力簡易化することによって、とにかく判断と手札の回転スピードを上げています。

その分相手のプレミを見逃さないように努め、勝利のカギを差し込んでいきましょう。

 

 

◆終盤に突入してしまった場合

仕掛ける隙がなく、終盤に突入してしまうこともままあると思います。基本的にはブーストした飽和本線で対処しましょう。

尾マルチやデアリスなどの大型フォロワーを置き、そのまま飽和本線を撃つムーブも十分強力ですし、

多重合体や『鎖錠の領域』で第二折までブーストした飽和本線ならばコントロールの火力にも対抗できます。

万が一押し負ける展開があっても、その頃にはまず引いているであろう『鎖錠の楼閣』があれば逆転の目も見えます。

広レンジにおける勝ち筋の多彩さも、このデッキの安定感を高める一つの特徴です。

 

 

◆まとめ

レート戦用ということで、今回の構築は相手へ処理を押し付けることをメインとしたデッキとなりました。

短期戦は恐怖から互いに先手を取りたがる傾向にあるため、選択肢一つ一つのバリューの高さがものを言うでしょう。

実際に運用する際には、こっそりヘルファイアの数を減らして長連対応を積んだ後打ち型や、

カウンター系の数を増やして相手に先手を取らせる後の先型など、各パーツにより戦略の幅を拡張させることが可能です。

それぞれの得意とするスタイルに合った様々な形を試してみるのが良いでしょう。